2011/4/1-4/8 福島支援情報(新聞の抜書きをまとめて配信しています) #save_fukushima #jishin

 

(最終更新)2011/4/7 20:302011/4/8 14:30 15:03 21:15

※4/9の支援情報はこちら→https://hinansyameibo.katata.info/article/195060589.html

出典:@Asahi_Shakai(朝日新聞社会グループツイッター) http://twitter.com/Asahi_Shakai

# 過去のツイートをまとめたサイトを、アサヒコム http://www.asahi.com/ につくりました。「被災した方へ」は http://ow.ly/4ue2c 「支援したい方へ」は http://ow.ly/4ue2e です。ご活用ください (朝日新聞社会グループさんより)

目次

<福島情報>
<福島・学校>
<子供さん・お母さんへ>(相談窓口・無料動画・無料学習塾・ホームステイ・大学進学)
<被災した方へ(県外住宅支援・就職)>
<被災した方へ(その他)>
<福島・交通>
<福島・郵便>(福島から出す場合、福島で受け取る場合)
<福島・電話、インターネット>
<ボランティア・救援物資>
<被災地以外の方へ>

(本文ここから)

<福島情報>

# 福島市在住の詩人・和合亮一さん(@wago2828)がツイッターで
「詩の礫」と名付けた作品を掲載中。「この震災は何を私たちに教え
たいのか。教えたいものなぞ無いのなら、なおさら何を信じれば良い
のか」。多くの共感が寄せられています http://ow.ly/4pc8K

# 救援物資のマッチングのためのサイトがあります http://ow.ly/4peft
被災者が今欲しい物、被災地以外の人が提供できる物の両方を
登録可。運営者は「物資は自治体を通すルールだが、自治体が
機能していない場所がある。施設や自宅で生活する人も是非活用して」

# 水のいらない簡易トイレです。「バケツなどに買い物袋などのビニー
ル袋を二重に入れて固定します。クシャクシャにした新聞紙をその中へ
(水分を吸収するため)。使用後は消毒液をかけるか、ビニール袋の
交換を」(サイト「OLIVE」 http://ow.ly/4pdJA より)

# 簡易生理用ナプキンの作り方です。「ハンカチ大の布の右1/3を折り、
さらに左1/3を折って重ねる。ピンやテープがなくても布の摩擦でずれ
ません。芯にボロ布など挟むと長く使えます。重ねても使えます」
(サイト「OLIVE」 http://ow.ly/4pcES より)

# 新聞紙で防寒「服の下によく揉みほぐした新聞紙を入れると、空気の
層が生まれ、暖かくなります。また、ゴミバケツ用ポリ袋に揉みほぐし
た新聞紙を入れ、簡易布団に。毛布を新聞紙で覆うと保温効果が上がり
ます」(サイト「OLIVE」 http://ow.ly/4pdn0 より)

# 【被災した方へ】頭皮ケアについて、国境なき医師団の看護師さんに
聞きました。「洗髪できない時は、髪をとかして、お湯を絞ったぬれタ
オルで頭皮をマッサージするように拭き取ればある程度フケが防げます」

# 【被災地以外の方へ・被災した方へ】新潟NPO協会は、被災者を
受け入れられる地域、団体などへ住居の提供(1カ月~数年)を呼び
かけています。受け入れ可能な施設の情報も発信しています。
http://ow.ly/4srNA

# 【被災された方へ】国交省は被災住宅の補修・再建に関する
相談窓口(0120-330-712/PHSや一部のIP電話からは
03-3556-5147)を設置しています。
10時~17時(日曜、祝日をのぞく)。

# 【被災した方へ】国土交通省は、住宅を補修したい被災者向けに
電話相談窓口(0120-330-712)を設けました。希望者
には建築士を無料で派遣し、補修方法や費用の目安などを提案して
くれます。派遣する県は青森、岩手、宮城、福島、群馬、栃木、
茨城、千葉、新潟、長野。

# 【被災地の方へ】銭湯ファンでつくる団体が、東北の被災地各県で
現在利用できる入浴施設を独自に電話で調べてウェブサイトで公表
しています。 http://ow.ly/4oxpY 重油切れなどの事情で臨時休業
している場合もあるので、事前に確認を。

# 【福島】高湯温泉(福島市)で再開した日帰り入浴の時間、
料金などは次の通り。

▼共同浴場あったか湯(024・591・1125)
9~21時(受け付け20時半まで)、大人250円、小人120円、
木曜日定休

▼花月ハイランドホテル(024・591・1115)5~23時、
大人600円、小人300円、当面無休

▼旅館玉子湯(024・591・1171)9~16時(受付15時まで)、
大人700円、小人400円、当面無休

▼安達屋旅館(024・591・1155)0~17時(受付16時まで)、
大人500円、小人300円、火、金曜日は清掃日で入浴は14~17時

▼のんびり館(024・592・1126)10~18時(受付17時まで)、
大人500円、小人300円、火曜日定休

▼信夫温泉のんびり館(024・591・1212)
10~17時(受付16時まで)、大人700円、小人350円、当面無休

#【福島】いわき湯本温泉旅館協同組合に加盟する旅館のうち、スミレ館、
こいと旅館、斎菊、松柏館、遊湯亭、いづみや、湯島屋、美里が日帰り
入浴を受け入れています。うお昭は3日から。500~800円。
問い合わせは同組合(0246・43・3017)へ。

#【福島】「避難者や断水の方、シャンプーは無料です」。いわき市の
美容室「ユニバーサル」と「アトラス」が、こんなサービスを始めています。
3月31日に店を再開。スタッフがそろうまで、営業を2時間短縮します。
無料シャンプーは4月末まで。ユニバーサル(0246・35・1107)

# 【被災地・ガソリンスタンド】石油元売り各社などが、営業している
ガソリンスタンドの住所や電話番号の一覧をホームページで公表して
います。
▽JX日鉱日石エネルギー( http://ow.ly/4s2xG )
▽出光興産( http://ow.ly/4s2Ad )
▽コスモ石油( http://ow.ly/4s2Ay )
▽昭和シェル石油( http://ow.ly/4s2Bi )
▽エクソンモービル( http://ow.ly/4s2BS )
▽カメイ(宮城 http://ow.ly/4s2Ct )

【福島】大町病院(南相馬)/4日から診療を再開します。
月~土の9~13時。受付は8~11時45分。放射能汚染対策の
ため、入り口は救急入り口だけです。診療科は内科、消化器科、
整形外科、小児科、歯科口腔外科。外科は8日から金・土に
非常勤の医師が診察。

【福島】県内の避難所で生活する人で、震災で家を失った人を
対象にした宿泊施設への移転が1日、始まりました。郡山市に
避難している富岡町や川内村の避難者約440人が同市内の
旅館やホテルなどに移りました。県が仮設住宅など被災者用
住宅を準備する7月までの予定。

【福島】県は1日、県内の被災者のうち、地震や津波で自宅が
全壊または半壊した▽福島第一原発から半径30㌔圏内に
自宅がある、のいずれかの条件に該当する場合、1世帯3万円の
義援金を配分すると発表しました。県には3月14~31日に
計約23億5千万円の義援金が寄せられました。

【福島】桑折町は町内の被災世帯に当面の生活費を1世帯で1回、
無利子、連帯保証人不要で貸し付ける。10万円以内。世帯に死亡者、
要介護者、重傷者、妊婦、小、中学生がいる場合や4人以上の場合
などは20万円以内。町社会福祉協議会024-582-1155

# 【被災した方へ】お金/支払期限が迫っているお金も多いでしょうが、
企業が特別な措置をしている場合もあります。経済ジャーナリストの
荻原博子さんは「ヤミ金で借りて無理に返済したり、連絡せずに延滞
したりするのはよくない。まずは関係先に相談して」。主な相談先を
ご案内します。

お金の相談先/
▽日本クレジット協会=被災者専用窓口0120・623456
(平日の10~12時、13~17時)

▽日本貸金業協会=相談窓口0570・051・051
IP電話・PHSからは03・5739・3861(平日の9~17時半)

▽ゆうちょ銀=ゆうちょコールセンター0120・108・420
▽JAバンク=被災者サポートダイヤル0120・345・502
(平日は9~18時、土日祝日は9時~17時)

▽かんぽコールセンター=0120・552950
(平日9~21時、土日祝9~17時)

▽生命保険協会=0120・001731(平日9時~17時)

▽日本損害保険協会=相談室0120・107808
(平日は9~18時、土日祝は9~17時)

▽住宅金融支援機構=
被災者専用ダイヤル0120・086・353(9時~17時)、
IP電話などは(048・615・0420)

【福島】日本産業カウンセラー協会は震災の被災者、
家族、支援に携わる人たちを対象に不安やストレスに
ついての無料電話相談窓口(0120・216633)を開設。
今後半年間、毎日13時~20時、協会所属の産業カウン
セラーが相談に乗る。通話料、相談料ともに無料。

【被災地の方へ】福島県は原発事故で役場が移転した
双葉郡8町村の避難住民の所在確認などを進めるため
フリーダイヤル・双葉郡支援センター0120-006-865を設置。
避難住民が電話し連絡先を告げると追って役場から
被災証明の発行案内などの情報が得られる

福島県双葉郡支援センター連絡先&
双葉郡各町村(広野町、楢葉町、富岡町、川内町、大熊町、
浪江町、双葉町、葛尾村)連絡先一覧

クリックしてfutabagunshien.pdfにアクセス

【福島】会津地方への集団移転を進めている大熊町は5日、
会津若松市に「町役場会津若松出張所」を開設し、住民の
生活相談に応じる窓口機能が復活しました。コールセンターは
0242-26-3755。これまでに町民約1万1500人のうち、
約2200人が移転を済ませたそうです。

【福島】双葉町は役場機能が埼玉県北東部の加須(かぞ)市の
旧県立騎西(きさい)高校に移り、1日から安否情報などの
問い合わせ先が変更となりました。FAX(0480・73・6926)、
メールアドレス(koho_e☆town.futaba.fukushima.jp)へ。
↑☆を@に変えて使ってください

【福島】富岡町の避難所連絡所が3日、埼玉県杉戸町役場内に
開設されます。連絡所は所在把握や、就学、年金手続きなどの
情報を伝えるのを目的としています。当面、毎日午前8時半~
午後5時。電話は0480-36-1071と、34-9870
(ファクス兼用)

【福島】福島商工会議所は東京電力が「被害申し出窓口」を設
置するのを前に、損害賠償請求に伴い損害を立証する次の記録が
必要になるとしています。
▽風評被害状況記録(取引先からの取引停止通知内容など)
▽決算書類など(これまでの製造・取引実績、2011年度の
製造計画)。

【福島】新地町で仮設住宅の入居申し込みが始まりました。
7月上旬までに6カ所に計約440戸を建設する予定です。
10日まで町内の各避難所で説明会を開く予定で、申し込みは
15日まで。期間は2年で家賃無料。問い合わせは町都市計画課
(0244-62-2113)。 (4/8朝日新聞ツイッター)

【福島】伊達市は、被災市民を対象に無料で保原、梁川、
霊山の3地区の市営団地28戸の入居者を募集する。
1世帯1台の駐車場代も無料。敷金、連帯保証人も不要。
光熱費などは実費負担。使用期間は6カ月(延長可)。
管理課維持係024・577・3147

【福島】いわき市が被災者用に住宅2300戸を用意し、
申請の受け付けを開始。世帯構成により2K~3DKで家賃は
無料。光熱水、共益費は自己負担。8日まで市文化センター、
各支所で受け付けます。市災害対策本部(0246・21・3720、
21・3723、21・3724)へ。

# いわき市は災害ごみの仮置き場を設置。四倉地区の
仁井田運動場、小名浜臨海工業団地内の北緑地グラウンド、
勿来市民運動場の3カ所。月~土曜日9時~16時に搬入すれば
無料。可燃、不燃、家電、がれきの四つに分別。生ごみなどは不可。
市環境整備課(0246・22・7440)へ。

【被災した方へ】国民生活センターでは、「震災に関連する
悪質商法110番」(0120-214-888)を設置。 岩手、宮城、
福島の各県の方々を対象に、震災に関連した消費者トラブルの
相談を受け付けています。受付時間は毎日10時~16時です。
(携帯電話、PHSも可)

【被災した方へ】勤め先が休業、廃業した場合、実際に離職
していなくても失業給付が受けられます。住所地以外のハロー
ワークでも認定や相談ができます。釜石、大船渡、富岡の
労働基準監督署と、気仙沼、相双、富岡出張所のハロー
ワークは閉庁しています。

【福島】福島労働局1/原発事故により避難指示が出ている
29キロ圏内と屋内退避指示の20~30キロ圏内にある会社や
工場で働く人は、雇用保険に入っている場合、実際に離職して
いなくても特例措置で失業給付を受けることができます。

【福島】福島労働局2/県内の主なハローワーク
▽ 相馬0244・36・0211
▽二本松0243・23・0343
▽福島024・534・4121
▽会津若松0242・26・3333
▽南会津0241・62・1101
▽郡山024・942・8609

【福島】自動車相談/国土交通省は自動車に関する相談にのる
移動自動車相談所を宮城、福島の避難所に開設する。津波で
流された車の廃車手続きや海水につかった車の扱い、無料点検
など。岩手でも開設の方向。 決定済みの開催場所、時間は以下。
7日午前 ビッグパレットふくしま(郡山市)
▼7日午後 郡山養護学校(同)
▼8日午前 パレスいいざか(福島市)
▼8日午後 あづま総合運動公園(同)
▼9日午前 JICA二本松(二本松市)

# 【福島】県自動車リサイクル協同組合いわき支部は、
津波被害などで使えなくなった車を無料で引き取り、廃車手続きを
している。車が置かれている状況などにより引き取り困難な場合も。
問い合わせは同支部がある自動車解体業・キャレック
(0120・081・170)へ

【福島】東邦銀行は県外避難者を対象にした払い戻し業務で、
新たに5日から北海道、6日に千葉興業の2行が可能になった。
8日には但馬(本店兵庫県)、山口、清水(同静岡県)、鳥取の
4行でも。通帳、届け印がなくても残高の範囲内で1口座あたり
1日10万円まで

# 秋田銀行(秋田市)と北都銀行(同)は4日から東邦銀行
(福島市)の預金者で被災した人に通帳や印鑑がなくても
免許証や保険証などで預金を払い戻す。
通帳と印鑑がない場合は1口座あたり1日10万円、
いずれもあれば1日100万円。秋田銀0120・001・260、
北都銀0120・18・4226

【被災した方へ】全国銀行協会は、被災地に本店がある北日本、き
らやか、仙台、福島、大東の各銀行に口座を持ち、通帳やキャッ
シュカードを紛失した人について、全国102の銀行で預金を
振り出せるようにすると発表しました。本人確認ができれば
残高を確認した上で、1日10万円まで

【福島】いわき市は、原発事故の風評被害で売上高が減少
するなどした中小企業に対する制度融資を拡充します。運転、
設備資金の融資上限額の拡大や、新たな特別資金の創設。
問い合わせは市総合窓口(0246・21・4115)。

【福島】県商工労働部は震災の影響で売り上げが5%以上
減少したか、減少する見込みの中小企業を対象に、震災
対策特別資金を融資します。限度額は運転、設備ともに
8千万円。融資期間は10年以内(据え置き2年以内)。
県商工労働部金融課(024・525・4019)へ。

【福島】県中小企業団体中央会の被害会員組合への
特別相談窓口。本部(福島市)024・536・1264
▽郡山事務所(郡山市)024・934・7420
▽会津事務所(会津若松市)0242・28・5343
▽浜統括事務所(いわき市)0246・21・0832

【福島】県は、県内中小企業の経営者や従業員の融資や
雇用労働などの相談に乗る「総合経営相談センター」
(福島市三河南町のコラッセふくしま2階)を設置。4日から、
相談の総合受付の電話(080-2807-7017)も開始します。
時間は午前8時半~午後5時15分(土日も)。

【福島】福島商工会議所は、福島市のコラッセふくしま
2階の商議所中小企業相談所分室に東日本大震災災害特別
相談室(024・536・3900と024・536・5511)を
設置。金融、税務、その他経営全般について相談に応じる

# 【福島】県弁護士会が東日本大震災の無料電話相談を開設中。
14~16時。024・534・1211、024・925・6511、
0242・27・2522。つながりにくい場合は日本弁護士連合会
などの電話相談(0120・366・556、平日10~15時)を

# 【被災した方へ】日本弁護士連合会は、中小企業経営者で
被害を受けたり、取引先が被災したりした人には、既存の
「ひまわりほっとダイヤル」(0570・001・240、
平日の正午~午後1時を除く午前10時~午後4時)の
利用を呼びかけています。

【福島】福島市立図書館は安全が確認されたため再開しました。
通常通り火曜、祝日と月末日が定休

【福島】JRいわき駅前のビル「ラトブ」が4月1日、3階以下の
商業ゾーンを再開する。商業ゾーンは約8割が開店にこぎ着ける。
いわき総合図書館(4、5階)や市役所の出先となる市民サービス
センター(4階)などは復旧作業が続く。

【福島】エスパル福島は7日、閉店時間を現在の16時から18時に
変更する。JR東北線の復旧状態に合わせ順次、営業時間を延長
する方針。開店は10時。一部飲食店は20時まで営業。商材調達の
状況などにより早めの閉店も。同ビル024・524・2711

【福島】ダイユーエイトは、南相馬市原町区にある原町店の営業を
4日から再開しています。当分の間、9時半~17時の営業です。
店舗がある場所には福島第一原発による屋内退避が発令されています。

【福島】イオンいわき店は、3月27日から1階フロア、29日から
2階フロアの一部で営業を始めていましたが、今月6日からはイオン
直営、専門店フロアを含む2階の残りと3階でも営業を再開しています。
専門店フロアには営業をしていない店も。

# asahi_fukushima 東京都職員採用試験で、被災地の受験希望者に
対する支援が発表されました。ネットや郵送で申し込めない場合は
電話でも受け付け。受付期間(4月1~8日)中の申し込みに支障が
あれば期間を5月2日まで延長。相談専用電話(03-5320-6954)まで
連絡を。

<福島・学校>

【福島】南相馬市教育委員会によると、同市鹿島区内にある
4小学校と1中学校のうち、福島第一原発から30㌔圏外にある
鹿島、八沢、上真野の3小学校と鹿島中学校は4月下旬に
授業再開の予定です。

【福島】県教育委員会は3月29日、中通りと会津地方の
県立高校の始業日を4月8日とすると発表した。県内外に
避難している生徒の転校については枠を拡大して対応予定。
校舎の被害や通学手段の有無によって柔軟に対応する。
入学式は各校の判断で行う。

【福島】県立高校の始業式/福島高校、田村高校は18日に、
川俣高校は15日に始業式をします。地震で校舎の一部が使え
ない影響などです。一方、いわき・相双地区の29校は始業式の
めどがたっていないそうです。(4/3朝日新聞)

【福島】第一原発30㌔圏内の県立高校8校は、他地区の
高校の空き教室などを利用してサテライト方式の授業を導入
する。県教委が5日発表。双葉、浪江(津島校を含む)、
富岡、双葉翔陽、原町、相馬農、小高商、小高工。
学校経営支援課024・521・7764

【福島】安積黎明高は31日に予定していた終業式・離任式を中止。
始業式は4月8日。入学式は同11日。
相馬東高は31日までとしていた休校を4月10日までに延長。
終業式・離任式は行わず、入学式・始業式の日程は未定。

【福島】いわき市教委は29日、津波被害などで7小中学校が
使用不能と発表した。空き教室がある学校に「間借り」して
新学期を迎える方針。入学式は4月6日に市文化センターでの
合同式典を予定。永崎小、豊間小、久之浜一小、久之浜二小、
豊間中、四倉中、久之浜中

【被災した方へ】あしなが育英会が、震災で保護者が死亡または
重度の障害を負った高校生以上の学生に特別奨学一時金を支給
する。高校生30万円、大学・専門学校などは40万円。返済不要。
専用ダイヤル0120・77・8565 http://ow.ly/4pbHY

【福島】会津大/被災した在学生と新入生の授業料を減額、
新入生はさらに入学料免除も行うと発表しました。延期となって
いた入学式は5月6日。前期の授業は5月9日から行います。

【福島】東日本国際大・いわき短大/入学式を5月7日、
オリエンテーションを5月9、10日に行い、授業を5月11日に
開始します。

【福島】福島大は震災の影響で延期していた入学式を大型連休
明けの5月9日に実施すると決めた。授業は5月12日から始める。

【栃木】鹿沼市の学習塾「開隆塾」は同市総合体育館などに
福島県から避難している小中学生を入塾金、授業料、教材費無料で
1年間受け入れます。土曜日には手作り工作の体験教室も開催。
問い合わせは同塾(仲町1703の8大坂屋内、
0289・62・2076、鈴木隆代表)へ。

<子供さんとお母さんへ>

# 【被災した方へ】横浜市立大学附属市民総合医療センターは、
被災したお母さんやご家族の母乳育児に関する悩みなどにこた
える災害電話相談(045-253-9915)を行っています。
24時間対応です。4月30日まで。

【被災した方へ】娯楽が少ない被災地の子ども向けに、テレビ
東京は4日から子ども向けバラエティー番組「ピラメキーノ」を
You Tubeで、配信しています。3ヶ月程度、配信する予定です。
http://ow.ly/4uecM

【被災した方へ】全国学習塾協会は、被災した児童・生徒が
避難先や転居先で学習できるよう、協会加盟の各地の塾に呼びか
けて授業料や教材費などの無料化・減額を始めました。詳しくは、
同協会(03-5996-8511)。 http://ow.ly/4u5uc

【被災した中学生の君へ】秀英予備校は、被災地域の中学生の自宅
学習用に、中学校で4月に履修する内容の映像授業を無料インター
ネット配信します。他地域へ避難中の中学生からも申し込みが来て
いるそうです。申し込み・視聴可能期間は28日まで。
http://ow.ly/4u455

関西・東海の5つの学習塾が、被災地から避難してきた小中学生の
授業料や教材費を無料にする「Future Children」という取り組みを
始めています http://ow.ly/4u3sr
問い合わせ<h_oonishi☆future.zaq.jp> ←☆を@に変えてください。

【被災した子供さんへ】18歳までの子が何でも話せる電話
「チャイルドライン」(0120-99-7777)は、
周りに言えない被災の不安や悩みを受けています。
月~土曜日の午後4~9時、携帯からも通話料無料。
「今後学校に通えるかな」「避難所のけんかが嫌」などが多いそうです。

【被災した方へ】育児中のお母さん同士が交流できるサイト「ベビカム」が、
被災しているお母さんから会員へ向けて支援物資を依頼できる掲示板を
設けました。利用にはベビカム( http://ow.ly/4tbiO )の
会員登録(無料)が必要です。携帯電話の掲示板も近く設置。

# 【被災した方へ】カルタ専門店「奥野かるた店」(東京都)が、被災
した人たちにカルタを無償で提供します。提供するのは9種類。
「江戸いろはかるた丸」や「ことわざ漢字カルタ丸」など。在庫はそれぞれ
150個。申し込みは電話(03・3264・8031)。5月10日締切。

# 文部科学省は、被災地のニーズと、それを支援したい団体をつなぐ
「東北地方太平洋沖地震・子どもの学び支援ポータルサイト」
( http://ow.ly/4u5iv )を開設しています。被災地からは、自治体や
教育委員会などを通じ「どのような支援が今必要か」が投稿されます。

# 【被災した方へ】 神奈川県が被災地の小中高校生を一定期間同県の
家庭で受け入れる「ホームステイ」希望者の募集を始めました。子どもに
必要な生活スペースや食事が無料で提供され、近くの学校に通えます。
問い合わせは同県企画調整課(045・210・3615)へ。

【被災した方へ】避難した子どもたちを大阪のボランティア家庭
539世帯がホームステイ形式で預かる。最大816人。原則18歳以下の
小・中・高校生らで最長1年程度。受け入れ家庭が食事や生活用品など
無償提供。大阪府が受け入れ先を調整。府子育て支援課06-6944-7108

【被災した方へ】香川県のNPO法人「綾上子どもの里」は、被災した
子ども(0~18歳)最大50人の受け入れを始めます。住居や食費、
衣類、寝具など無償。できれば高松空港か岡山駅まで来られる人が望ま
しいそうです。問い合わせは三木仁美理事長(090-5148-2039)。

【被災した方へ】全国里親会(03・3404・2024)は、被災家庭の
18歳以下の子どもを、全国約1700世帯の里親家庭で一時的に預かる。

# 鳥取県は被災地から県内の小中、特別支援学校(小中部)に入学・転入
する場合「10万円」を支給します。高校、特別支援学校高等部、高等専門
学校、専修学校高等過程は「20万円」。県内へ1カ月以上居住すること
などが条件。県教委育英奨学室(0857-26-7533)へ。

【被災した大学生へ】清泉女子大(東京都品川区)は、被災した他大学生に
ついて、科目等履修生として履修費全額免除で受け入れることを決めました。
男子も受け入れるそうです。期間は1年間。試験に合格すれば単位取得
証明書も交付されます。問い合わせは、03-3447-5551。

# 秋田県立大は実家が被災した学生の就学資金を支援する。青森、岩手、
宮城、福島、茨城、千葉の6県に実家があり流失や焼失、倒壊や浸水などの
被害に遭った新入生や在学生。支援額は被災状況による。本荘キャンパス
0184・27・2000、秋田キャンパス018・872・1500

# 秋田大は、被災した新入生や在学生のため、入学料・授業料免除などの
相談窓口(018・889・2263、2265)を設けている。

# 秋田大は震災の影響で後期試験(3月12日)と後期追試験(同18日)を
受験できなかった志願者に工学資源学部の全学科に限り特例の入学選考を行う。
センター試験と調査票などを総合して合否を判定。合格者は各学科若干名で
合格発表は4月4日。秋田大入試課018・889・2256

# 明治大学は被災して2011年度入学が困難になった入学予定者に、
1年間の入学延期措置を実施する。納入済みの入学金と学費は一旦返還する。
被災した学生(入学予定者含む)にも授業料減免など経済的支援を行う。
http://bit.ly/hGhzN

# 今治明徳短期大学(愛媛)は、被災者のうち介護福祉士、栄養士、
製菓衛生師、保育士、調理師を目指す短大生と専門学校生、今春入学予定者の
転入学相談を受け付けています。入学金は全額免除、授業料は半額免除。
男女別の学生寮もあります。同短大事務部(0898・22・7279)へ。

<被災した方へ(県外住宅支援・就職)>

# 【被災した方へ】青森県は県内の宿泊施設や公営住宅で、被災者を
受け入れています。旅館、ホテル105施設を一時避難先として、
約6300人受け入れます。期間は30日間で無料(3食付き)です。
青森県生活・再建復興局(017-734-9580)

# 秋田県大館市で、県旅館ホテル生活衛生同業組合が民間宿泊施設
(計11施設709人分)を被災者に紹介する制度を始めました。
問い合わせは大館市役所(0186・49・3111)の支援窓口。

# 【宿泊】東京、京都、福岡、別府市でゲストハウスを経営する
「カオサン東京ゲストハウス」が被災地の方に通常の半額で宿を提供
しています。割引後の料金は千~1500円。ボランティアで被災地に
向かう方も別途割引サービスがあります。詳しくは(03-5856-
6560)へ。

#【被災した方へ】千葉県銚子市は、東北各地から300人規模の
避難を受け入れると表明しました。同市内では、外国人研修生などが
震災で帰国し人材不足になっている水産加工業者もあるそうで、就労
支援も検討中とのことです。問い合わせは同市秘書政策課(0479-
24-8343)。

# 【被災した方へ】東京都練馬区では、閉校した小学校2校を避難所に
しています。3食あり(自炊も可)、洗濯機やパソコン、自転車設置、
ペット連れの方もいるそうです。問い合わせは03-5383-0661。
避難所ボランティアのツイッターは http://ow.ly/4ucA4

# 【被災した方へ】不動産業「デルタ キャピタル インベストメンツ」は、
東京都大田区の住宅を最大20人までに無料で貸し出します。家具家電付き。
飲食業を中心に就労支援もあわせて実施します。問い合わせは、同社の山本さん
(03・5404・3455)まで。

【被災した方へ】東京都は、新宿区の東京セントラルユースホステル
(旧・東京国際ホステル)が被災者・避難者を1日70~100人程度受け
入れると発表しました。4月3日から6月中旬までで、宿泊料は無料。
予約は3日から同ユースホステル(03・3235・1107)

# 神奈川県住宅供給公社は1日、被災者を対象に家賃5万円以下の
公社住宅約400戸で特別賃貸を始めました。敷金免除で家賃は
2カ月間無料(共益費は対象外)。先着順。2DKタイプが主流。
申し込みは専用窓口0120・100・107へ。
午前10時~午後8時の受け付け。

# 【被災した方へ】奈良市は、一時利用できる市内の空き家など
37物件の入居者を募集している。家賃無料。入居期間は物件により
3カ月~1年。家具付きの物件も。光熱水費が必要な場合も。罹災
証明書など被災者とわかる書類が必要。同市(0742-34-1111、内線2420)

# 沖縄県は、岩手、宮城、福島の被災者あわせて約3千人の一時避難を
受け入れ、往復の航空運賃と宿泊費(1日5千円程度上限)を負担する。
原則として罹災証明書や被災証明書を持つ人。4、5月の2カ月間。
県対策チーム090-3790-0137、090-3794-0530

# 【被災された方へ】静岡県熱海市は被災者を温泉旅館やホテルで
受け入れる制度を今月から新設します。市が1日3回の食事で1人
当たり5千円を補助。旅館組合を通じて宿泊施設を決めます。受け
入れ数は51施設の387室で1690人。

# 【被災された方へ】京都府は被災した方向けに雇用先と住居を提供
しています。府内の中小企業や道路、河川などの維持管理、府臨時職員
などに採用。雇用期間は半年。住居も無料で提供されます。詳しい相談は
「ライフ&ジョブカフェ京都」(075-682-8932)へ。

# NPO法人アースデイマネーは転居先を探す被災者と、1~3カ月無料で
ホームステイを受け入れられる一般家庭とをつなぐサービスをしています。
受け入れられる方はHP( http://ow.ly/4qUpF)から登録。
ホームステイ希望者は同法人(03-3498-6522)へ。

# 【被災した方へ】生活用品のアイリスオーヤマ(仙台市)は、被災した
来春卒業予定の高校生30人を特別枠で採用すると6日、発表しました。
津波で自宅を失ったり、両親を亡くしたりした生徒が対象で、従来の計画
(大卒65人、高卒35人)とは別枠です。

# 【被災した方へ】家事代行会社「クラッシー」は、被災し、関東や関西に
避難した女性約200人をパートとして採用します。掃除や炊事などの
家事代行が中心で、時給は900円~。正社員・契約社員の道もあるそうです。0120-26-7502 http://ow.ly/4uaHk

【被災した方へ】警備会社「KSP」は、警備員養成の訓練コースの募集を
しています。募集人数は20人で被災者を最優先するそうです。厚労省の訓練・
生活支援給付金(月10~12万円)が出て、訓練終了後は就職相談にも乗る
そうです。問い合わせは03-3623-4170。

【被災した方へ】厚生労働省は5日、岩手、宮城、福島3県のハローワークで、
窓口を担当する1年契約の非常勤職員計150人を新たに雇う方針を発表しま
した。相談員経験者が中心ですが、就労相談に来た人で関心がある人などの雇い
入れも可能だそうです。

#【被災した方へ】大阪府摂津市は職員採用を東北や関東で7月中旬~8月上旬に
かけて実施します。35歳以下の10人を10月1日付けで採用。内定を取り消さ
れたり、失職した人が受験しやすいように配慮して、試験会場を決めるそうです。
摂津市人事課(06-6383-1319)

# 【被災した方へ】亀田製菓(新潟市)は、震災で就職の内定を取り消された
新卒者を10人程度、6月1日付で正社員として採用すると発表しました。
同社の担当者は「スーツが無くても構いません」。
同社人事課(025-382-8831)へ。 http://ow.ly/4qT2X

# 【被災した方へ】神戸物産エコグリーン北海道(079-496-6533)
では、 東日本大震災で自宅を失った人を対象に50~100人の正社員を募集
しています。農業などの作業で、北海道むかわ町の住宅(家賃)、水道、
光熱費は無償です。 http://ow.ly/4qSVY

<被災した方へ(その他)>

【被災した方へ】ビデオテープやフィルムが破損した時の対処を、
専門家に聞きました。まず汚れを水で落とす。テープ表面に触れたり
ほどくのはNG。乾くとテープがくっつくので湿らせたまま密封し、
専門家に相談を。映画保存協会の相談窓口は http://ow.ly/4tiH5

【被災した方へ】思い出の8ミリフィルムやビデオが傷ついても、
修復できることがあります。映画保存協会は修復を無償で受け付ける
窓口を設置。電話03・3823・7633 出ない場合は留守電に
メッセージを。HPで応急対処法も紹介 http://ow.ly/4tiGD

【被災した方へ】神戸学院大の学生らが写真を無償で修復する
ボランティアを始めた。汚れを落としてスキャナーで読み取り、
画像処理ソフトで修復してから印刷し返送する。
〒650-8586神戸市中央区港島 1-1-3神戸学院大学B号館3階TKKセンター。
078-974-4569

【被災した方へ】避難生活では疲れやストレスで食べ物を消化する力が
弱るため食べやすくする工夫が必要です。温かいみそ汁やスープがある
場合おにぎりは崩して中に入れてみては。乾パンやクッキーも温めた
牛乳をかければオートミールのようになります。(管理栄養士・
清水加奈子さんの話 )

【被災した方へ・お年寄り】避難生活などの様々なストレスが引き金と
なって亡くなる「震災関連死」。阪神大震災では900人以上に達し、
高齢者が多いそうです。森本茂人・金沢医科大教授は「地震発生後数日
から3~4週間までが医学的には『山場』で今が勝負」と警告します。
体調が崩れる兆しの具体例を体の部位別に解説しているのが、厚労省の
「一般救護者用・災害時高齢者医療マニュアル」です。森本教授らが
まとめたもので、急きょ日本老年医学会のサイト( http://ow.ly/4u0PN )で
公開されています。

【子ども】震災の影響による子どもの「急性ストレス障害」の症状です。
表情が少なくボーっとしている▽とても怖がる▽いらいらして興奮状態に
なる▽落ち着きがない▽腹痛、めまい、頭痛、息苦しさ、不眠、頻尿などを
訴える▽突然反抗的になったり逆に素直になったりする 。
「こんな時は、『もう大丈夫よ』『心配なことは我慢しないで教えてね』
『あなたのせいじゃない、誰も悪くないよ』などの言葉をかけて、安心
させることが大切です。さらに、痛いところをさすってあげたりするなどの
スキンシップがとても重要です」(峯真人・峯小児科院長)

【被災地の方へ】ツツガムシ ダニの一種ツツガムシに刺されて発症
する「ツツガムシ病」への注意を国立感染症研究所が呼びかけています。
ツツガムシの棲む土壌が津波で流され、生息場所が広がる恐れもある
そうです。http://ow.ly/4tne9

ツツガムシ病の発生には春と秋の2つのピークがあり、東北では例年、
春の患者発生が多く報告されています。感染を予防のため、農作業や
山林作業、土木作業などの際には肌の露出を避け、作業後は着ていた
服を天日干しするなどの対策を心がけてください。

【被災した方へ】悪徳商法/壊れた家の点検名目で高額を請求される
ケースが起きています。国民生活センターによると、3月27日までの
全国の消費者相談窓口への相談のうち、被災した住宅などの工事・建築、
修理関係が124件だったそうです。

【被災した方へ】厚生労働省は「解体作業は装備を調えた上で行って」と
呼びかけています。家屋などが倒壊すると、コンクリートや断熱と耐火
被覆に用いられた壁材などが大気中へ舞ったりします。有害な粉じんは
細かく、身を守るためには防じんマスクのような特殊なマスクが必要です。

【被災した方へ】建築家の坂茂さんたちが、避難所に間仕切りを設置する
活動をしています。避難している人の希望に合わせて間仕切りの大きさは
調整できるそうです。新潟県中越地震などでも同じような活動をしました。
http://ow.ly/4smiW

【被災した方へ】ポプラ社が「読み聞かせ隊」を派遣します。人気作家や
同社スタッフが避難所で子ども達に本を読み聞かせます。4月中旬スタート。
派遣を希望する避難所を募っています。問い合わせは同社宣伝広報部(03-3357-2901) http://ow.ly/4s2Ni

【被災された方へ】絵本を送ります/日本ユニセフ協会
(03-5789-2011)は幼稚園、保育園、児童福祉施設等などに
絵本(0~6才向け)を送る計画を進めています。全国から集まった
約8万冊を希望する施設などへ4月中旬以降、順次発送していきます。
ご希望のセット数(1セット50冊)、住所(施設名も)、郵便番号、
電話番号を日本ユニセフ協会まで、Eメール(jcuinfo@unicef.or.jp)か
FAX(03-5789-2036)でお知らせください。

【被災地の方へ】遊び道具がなくても、スペースが狭くてもできる遊びを
こちらのブログで紹介しています。 http://ow.ly/4s2Yd

【被災された方へ】消費者庁によると、住宅の修理工事などの勧誘を受けた
人からの相談が増えています。「行政から補助金が出る」と言われたら、
お住まいの自治体に確認を。修理工事の内容や契約条件は、書面などで
よく確認してください。相談は、各地の消費生活センター等や警察へ。

国民生活センターと消費者庁は、岩手、宮城、福島3県を対象に「悪徳商法
110番」(フリーダイヤル0120-214-888、午前10時~
午後4時)を設置。3県以外からの相談は消費者ホットライン
(0570-064-370)で受け付けています。

【被災された方へ】自動車を運転される方へ/警察庁は被災された方の
うち、運転免許証の有効期間が3月11日~8月30日の方に対し、満了日を
8月31日まで延長しています。この間、免許失効状態で自動車を運転しても、
検挙しないよう全都道府県警察に指示しています。この措置は被災地の復興
状況を見極めつつ、当分の間継続するとしています。

【被災した方へ】日本自動車連盟(JAF)は、被害が大きい地区の
故障車を、無料でレッカー移動しています。また、地震または津波による
トラブルは、無料で救援を行っています(部品、油脂、燃料代は実費)。
会員でなくても対応しているそうです。問い合わせは電話(#8139)。

【被災した方へ】緊急災害時動物救援本部が、被災地から東京近郊に
ペットを連れて避難している人を対象に、一時預かり先の相談にのって
います。移動先の避難所や住宅はペット不可の場合が少なくないからです。
問い合わせは、社団法人日本動物福祉協会(03-5740-8856)。

# 【被災した方へ】中小企業の経営者向けに「中小企業電話相談ナビダイヤル」(0570-064-350、午前9時~午後5時半)があります。
最寄りの経済産業局につながります。資金繰りや計画停電による影響などに
ついての相談に応じ、助成金などのアドバイスもしてくれます。

# 【被災した方へ】日本年金機構は11日から、被災者専用フリーダイヤル(0120-707-118)を設置します。国民年金、厚生年金の保険料の
納付や給付などについての相談に対応します。月~金曜日の午前9時~
午後5時。9月30日まで。

# 【被災した方へ・福祉車両】ニッポンレンタカーが、被災地に福祉車両
「ユニバーサルカー」を10台無償レンタルします。車いすのまま乗車可能で、
車いす1台対応の軽ワンボックスタイプ、同2台対応のワゴンタイプ。
期間は3カ月間で、対象は病院や各種高齢者施設など。問い合わせ・
申し込みはメール(kyouryoku☆nipponrentacar.co.jp)へ。申し込みの際は、
施設名称▽事業内容▽住所▽電話番号▽担当者名▽希望する車両のタイプ
▽貸与希望期間、を明記してください。※メールアドレスの☆を@に変えてください。

# 【被災した方へ】東北財務局は、預金や生命保険など金融相談窓口を
仙台市の藤崎一番町館の行政困りごと相談所(022・263・6201)に
設けています。受付は祝日を除く月、金、日曜の午前10時~午後4時。

# 【被災した方へ】東北税理士会は、税の申告や納税の猶予などの電話相談
(0120・317・586)を行っています。受付は平日の午前10時~午後4時

# 【被災した方へ・外国語相談】大津市のNPO「多文化共生マネージャー
全国協議会」は、外国語での電話相談を受け付けています(午前9時~午後8時)。
英語080-3503-9306/中国語080-3691-3641/
韓国・朝鮮語080-3598-5837/
ポルトガル語080-3486-2768/スペイン語080-3454-7764

# 東日本大震災にからむチェーンメールや悪質なメールの現状を把握、分析
するため日本データ通信協会はそうしたメールの専用アドレスへの転送を
呼びかけています。チェーンメールは eqchain☆dekyo.or.jp、悪質メールはeqmeiwaku☆dekyo.or.jpまで ←☆を@に変えて使ってください。

# 【被災した方へ】仙台市のホームページ製作会社・ココムはサイトの
更新代行を無料で実施中。震災に関して情報発信したい企業・団体・
公的機関から電話やFAXで聞き取り、それぞれのサイトを更新。
申し込みはホームページの応募フォームへ http://bit.ly/gcC8dx

<福島・交通>

【福島】阿武隈急行は6日から梁川―保原間で朝夕の通勤・
通学時間帯に限り臨時ダイヤで運行を再開する。運賃無料。
上りは梁川始発が6時30分、7時、7時20分、7時50分、
8時20分と17時、17時30分、18時、18時30分、19時、
19時30分

(阿武隈急行つづき)下りが保原発6時57分、7時17分、
7時47分、8時17分、8時40分と17時27分、17時57分、
18時27分、18時57分、19時27分、20時10分。
保原―福島間は福島交通の路線バスがある。
阿武隈急行営業企画部024-577-7132

【福島】JR JR東日本の運行状況(4月6日現在)

▼東北新幹線 福島―新庄は4往復。
那須塩原―福島が12日ごろ、福島―一関は今月下旬までに再開予定

▼東北線 安積永盛―郡山は1時間~3時間に1本程度で運行。
郡山―福島は7日から通常の本数となるが時刻の変更がある。
福島―岩沼(宮城)が7日に通常ダイヤで再開。
黒磯―安積永盛は今月中旬再開予定

▼常磐線 亘理(宮城)―いわきは復旧のめどが立っていないが、
12日から亘理―相馬の代行バスを運行する予定

▼磐越東線 郡山―船引は8往復。船引―小野新町は13日、
小野新町―いわきは15日に運転再開予定

▼磐越西線 郡山―喜多方は1時間~2時間に1本程度
▼只見線 会津若松―会津坂下は朝夕、それぞれ2往復。
会津坂下―会津川口が8日、会津川口―只見は今月中旬再開見込み。
只見―大白川(新潟)は雪の状況を確認中

【福島】福島空港は10日まで札幌、大阪の定期便のほかに
羽田行きのANA臨時便を1往復、継続運航する。出発便は
福島発14時55分、羽田着15時40分。到着便は羽田発
13時30分、福島着14時15分。予約は0570-029-222(有料)

<福島・郵便>

【福島】南相馬市へ郵便を送る場合/南相馬市は一部地域を除き、
郵便物やゆうパックが配達できない状況が続いています。送る場合は
宛先の住所の前に「〒976・8799 郵便事業相馬支店止(相馬郵便局)」と
書いて同郵便局(相馬市中村曲田125)に郵送。 (4/3朝日新聞)

【福島】南相馬市で郵便を受け取る場合/相馬郵便局窓口で受け取るときには、
免許証や保険証など本人確認できるものが必要です。鹿島区の鹿島、上真野の
両郵便局では一部地域(川子、塩崎、大内、烏崎)を除き配達を再開しました。
(4/3朝日新聞)

***福島から郵便を送る場合***

【被災した方へ】災害用郵便/被災地からのはがき、封書は
「災害用郵便」と明記し、住所と差出人の名前を書けば、切手が
なくても郵便が出せます。日本郵便東北支社と関東支社で受付の
方法が違うので、これから続いてご案内します。

岩手、宮城、福島などの被災地を管轄する日本郵便東北支社は、
郵便窓口のほか、避難所においてある差出箱や、郵便配達員に
手渡す場合にも受け付けています。
ポストへの投函は受け付けていません。15日まで。

茨城、千葉などの被災地を管轄する日本郵便関東支社の場合、
被災地の各支店にある「ゆうゆう窓口」に限って受け付けています。
その他の方法での受付はしていないそうです。18日まで。

***福島で郵便を受け取る場合***

【福島】避難指示・屋内退避指示地域への郵便物は、
避難先届(お客さま確認シート)・転居届を出している人には
準備が出来次第、避難先へ配達される。

出していない人は9日までは、指定の各支店か郵便局併設の
集配センターで受け取れる。しかし、それを過ぎると差出人に返却。
10日以降に到着した郵便物も、避難先届・転居届が出ていなければ
同様に返却扱いとなる。

今後も指定された支店などでの受け取りを希望する場合は申請が必要。
受取場所と問い合わせなどの連絡先は以下の通り。

【南相馬市】原町区、小高区は郡山支店
▼鹿島区大内、同烏崎、同川子、同塩崎は鹿島集配センター
鹿島区小池は上真野集配センター=南相馬市はいずれも080・6026・9717、
080・6026・9718、080・6026・9719

【浪江町、双葉町、富岡町、大熊町、川内村、葛尾村】
いわき支店=080・6026・9724、080・6026・9725、080・6026・9726

【楢葉町】いわき支店=0246・22・3102

【広野町】上北迫、下北迫、下浅見川、折木、夕筋、上浅見川、
広洋台1、2丁目、中央台1~3丁目は
四倉集配センター=0246・22・3102

【いわき市】久之浜町末続、久之浜町金ケ沢、大久町大久は
四倉集配センター▼川前町下桶売、川前町上桶売小久田、
小川町上小川戸渡は小川集配センター=いずれも0246・22・3102

【田村市】都路町は三春支店▼船引町横道は移集配センター
▼常葉町堀田は常葉集配センター▼滝根町神俣は滝根集配センタ
ー=いずれも0247・62・4417

【飯舘村】蕨平は飯曽集配センター=080・6026・9723

<福島・電話、インターネット>

【福島・通信】4月5日/
NTT東日本福島支店によると、通信サービスが
利用できなくなっていた浜通りの地区のうち、いわき市の久ノ浜
エリアは加入電話約1500回線、インターネット接続が出来る
フレッツ系の約500回線の計約2千回線すべてが復旧した。

浪江町の津島エリア、川内村、葛尾村の両エリア、広野町の
エリアはフレッツ系の約3000回線が復旧している。

依然サービスが利用できないのは相馬市の磯部、大熊、広野、
双葉、楢葉、浪江、富岡の各町、川内、葛尾の両村に津島を加えた
10エリアの約2万6900回線。うち、加入電話は約2万1千回線。

<ボランティア・救援物資>

【被災地以外の方へ】加須市ボランティア/加須市は、
福島県双葉町の被災者を支援する旧騎西高校の一般
ボランティアの受け付けを一時休止しています。4月3日までに
1千人超の登録がありましたが、1日に必要な人数は20人程度。
登録しても出番がかなり先になってしまうためです。

旧騎西高校の一般ボランティアの受け付けは一時休止していますが、
臨床心理士や介護・リハビリ関係など専門的な資格を持つ人については
引き続き、受け付けています

【被災地以外の方へ】南相馬市への支援物資/南相馬市は3日
夕方から、個人の支援物資の受け入れを一時休止しています。
集まった物資を仕分けし、不足しているものを確認後、受け入れを
再開するそうです。1週間程度で再開できる予定です。
http://ow.ly/4skVr

(以下、ご参考に。)

【福島】南相馬市は、食料品、乾電池、軍手、洗濯機などの
支援物資を北隣の相馬市総合地方卸売市場内の
「救援物資受け入れセンター」(〒979・2522
相馬市日下石鬼越迫101)で受けいれています。
宅配便で送ってほしいそうです。直接の持ち込みも可。
1種類を1梱包にしてほしいとのことです。http://ow.ly/4s2M6
事前に市(0244・24・5262)へ問い合わせを。

【支援物資を送る時の注意点】
▽一つの箱に入るものは1種類にする
▽箱の上面とすべての側面に中身や容量を大きく書く
▽粘着テープでしっかり留める
▽指定されたもの以外送らない
▽物資の使われ方は現地に任せる
▽包装の仕方で受け入れ方の指示があれば、それに従う
(東京ボランティア・市民活動センターのサイト http://ow.ly/4s2IS から)

【福島】南相馬市で復旧用資材が必要となっています。
特に不足しているのは、ブルーシート▽スコップ▽バール
▽長靴(24~28㌢の各サイズ)▽路面を洗い流す高圧洗浄機
▽チェーンソー▽中古の洗濯機など。
問い合わせは南相馬市農林水産課(0244・24・5262)へ。

<被災地以外の方へ>

# 【被災地以外の方へ】被災した酒蔵に関する情報をまとめたサイト「Save The 東北の酒」を、きき酒師の女性が立ち上げました。「屈指の酒どころである東北の酒を絶やさぬよう、日本酒を飲んで被災された酒蔵を応援したい」そうです。 http://ow.ly/4uctm

# 【被災地以外の方へ】被災した岩手県二戸市の酒蔵「南部美人」の蔵元が、動画投稿サイト「You Tube」で「お花見のお願い」を呼びかけています。お花見を自粛せず、被災地のお酒を飲むことで支援をしてほしいと訴えています。 http://ow.ly/4ubVI

. 【被災地以外の方へ】政府は5日、東日本大震災の義援金を受け付ける銀行口座を設置しました。集まったお金は各自治体を通じ、被災者へ届けられるそうです。9月30日まで。振り込み先など詳しくはフリーダイヤル0120-994ー192(午前9時~午後6時)へ。

# 【被災地以外の方へ】盛岡市にある「三陸の子供たちを元気づける会」が子どもに贈る衣類などを募集中。ベビー布団やスニーカー、スポーツウエアなどの衣類(洗濯済み)、ノートや鉛筆(消耗品は未使用のもの)など。郵送、持参共に受け付け。詳細は事務局(019・653・3181)

# 【被災地以外の方へ・子ども1】子どもの不安定な言動について、筑波大大学院の徳田克己教授(子供支援学)の話「子どもは特にテレビ映像で震災を間接体験し、親が死を映像に結びつけて話すので不安定になる。余震や買いだめも続き、非日常を感じ、幼い心は不安や恐怖でいっぱいです」

# 【被災地以外の方へ・子ども2】「幼い子に震災を通して命の大切さを教えようとするのは間違いで、激しい恐怖だけを抱かせることになる。命の貴さを学べるのは小学3、4年生から」(筑波大大学院・徳田克己教授)。「パパとママがいるから絶対大丈夫」と伝えると、安心感を与えます。

# 【被災地以外の方へ】日本財団(東京都)は、被災地を支援するNPO法人やボランティア団体に対する助成金の申し込みを受け付けています。100万円を上限に、活動費100%補助。問い合わせは、災害支援コールセンター(0120・65・6519)。

# 【被災地以外の方へ・ボランティア1】内閣府(災害予防担当)による、被災地でのボランティアを希望する方への注意点です。現地への電話での問合せは、現地の人や電話回線の負担を費やします。まずは、県庁や県「災害ボランティアセンター」のHPなどでの情報収集から始めましょう。

# 【被災地以外の方へ・ボランティア2】長期的な観点では、被災地の周辺地や過去の被災地にも興味を持ち、その地を訪問したり地産品を購入することも、被災者の自立を支える立派なボランティア活動です。(内閣府・災害予防担当)

# 【被災地以外の方へ】献血/日本赤十字社によると、4日現在、血液の在庫は適正の2・4倍程度。血液製剤の有効期限は、血小板が採血から4日間、赤血球が21日間と短いため、献血が一時期に集中するよりは、継続した協力が助かるそうです。血小板の方が需要が高いそうです。

# 【被災地以外の方へ】「手作りの手提げカバンを被災地の子ども達へ」。日本手芸普及協会がカバンを募っています。第1回締切は4月15日(必着)。福島県沿岸部から配布を始め、北上していく予定だそうです。 http://ow.ly/4swx3

被災地の子ども達へ贈る手作りの手提げカバンを募っていた日本手芸普及協会は、目標の1000枚を大きく上回るカバンが集まったとして、新たな作成の呼びかけをストップしています。すでに作った分は、15日まで受け付けを続けるそうです。 http://ow.ly/4uR0L

【被災地以外の方へ】大阪市の「ひのき学習塾」が、被災地の子どもたちのため、使わなくなったランドセル・文房具・漫画・絵本・中高生用の参考書の寄付を呼びかけています。同塾が現地の小学校やNPOとの仲介をするそうです。 http://p.tl/A-cW

【被災地以外の方へ】漫画家やミュージシャンらで作る「おたぱっく救援便準備会」が、被災地の子どもたちに送るゲーム機やソフト、マンガなどを集めています。被災地の配送協力団体も募集。詳しくは山本さん(080・4080・1969、otapackqb☆gmail.com)。 ←☆を@に変えて使ってください

# 【被災地以外の方へ】被災地で亡くなった方々に化粧をしている復元・納棺師のボランティア組織「つなげるつながる委員会」(0197-62-6077、〒024-0071北上市上江釣子18-17-5)は、脱脂綿、テーピング用テープ、綿棒、新しい口紅などの支援を求めています。

# 【被災地以外の方へ】日本郵便は6月、寄付金付きの切手とはがきを発売します。 切手は80円切手で20円を寄付に回し100円で販売、はがきは寄付金5円を上乗せして55円で販売。完売すれば計15億4千万円が寄付にあてられるそうです。http://ow.ly/4qfry

# 【被災地以外の方へ・NPOへの寄付】被災地で活動するNPOなどへの寄付金を募る団体が増えています。必要な資金をすぐに送るそうです。主な団体は次の通り。中央共同募金会( http://ow.ly/4s1BV )、日本財団( http://ow.ly/4s1CL )、国際協力NGOセンター( http://ow.ly/4s1DE )、パブリックリソースセンター( http://ow.ly/4s1DS )、Think the Earth基金( http://ow.ly/4s1Eh )

# 切手で被災地支援を/国際協力NPO「シャプラニール=市民による海外協力の会」は5月31日まで、「切手でできる被災地支援キャンペーン」を実施。未使用の日本切手と使用済みの日本・海外切手を封筒などに入れて同会に送ると、換金されて被災地支援になります。郵送する場合は、〒169・8611シャプラニール 「切手でできる被災地支援キャンペーン」係。問い合わせは同会(03・3202・7863)。

# 【被災地以外の方へ】ランドセルメーカー「協和」が使い終わったランドセルを募っていましたが、すでに1万個を超えるランドセルが集まったそうです。被災地の必要個数を上回る可能性があるため、協和はランドセルの受付を中断しています。 http://ow.ly/4qeXp

# 【被災地以外の方へ】国際子ども教育基金が、子どもを支援するためのチャリティーバザーを東京と横浜で開きます。収益金は子どもの心のケアや、保育園・幼稚園の再建に役立てます。イラストレーターなどが絵画や絵本約300冊を提供します。 http://ow.ly/4sq5B

【被災地以外の方へ】被災地の障害者を支援するため、静岡障害者自立生活センターなどが2日、静岡市呉服町2丁目の青葉イベント広場で緊急の街頭カンパ活動をしました。カンパは9日と16日も同じ場所で午後1時~3時まで行う予定です。

# 【被災地以外の方へ】被災した精神障害者と家族のために、全国精神保健福祉会連合会が義援金を募集中。 http://ow.ly/4q4kL 被災地では障害のために避難所に行けなかったり、病院を退院させられたりしているそうです。義援金は彼らの今後の生活支援にあてられます。

# 【詐欺注意】警察庁によると、地震に便乗した義援金詐欺の相談が寄せられています。実在する団体の名称をかたって、団体が設けた募金振込口座ではない個人名の口座に振り込ませようとする▽公的機関と紛らわしい名称をかたる▽市役所職員を名乗る、などの例があります。ご注意下さい。

# NPO法人アースデイマネーは転居先を探す被災者と、1~3カ月無料でホームステイを受け入れられる一般家庭とをつなぐサービスをしています。受け入れられる方はHP( http://ow.ly/4qUpF)から登録。ホームステイ希望者は同法人(03-3498-6522)へ。

# 被災地支援に当たるボランティアやNGO、NPOらの連携を深めるため3月30日、「東日本大震災支援全国ネットワーク」が発足しました。参加団体は各地の支援状況をメーリングリストで共有するなどし協力し合えます。HP( http://ow.ly/4q2vp )から申し込み可。

#山田洋次監督、震災に思う「確かに、言葉の空しさを感じますが、被災した人たちの心を具体的に思うことはできる。『大変だね』といった通り一遍の、ひとごとの感想ではなく、どんなにつらいことか思い続けることで、何ができるのか、すればいいのかが見えてくるのではないでしょうか」 (朝日新聞ツイッター・4/7午前)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。