【被災地支援】女性の皆さん、学生さん、志ある皆さん、安心してボランティアを/京都の僧侶ら、1泊500円の宿泊所を提供(岩手県一関市)

 

ボランティアのための宿泊施設のご案内です。臨済宗薪流会の僧侶の方々が岩手県一関市の民家を借り受けて提供されています。

以下、「薪流村ボランティアの宿泊のご案内」より転載させていただきました。

東日本大震災ボランティアの宿泊にご利用下さい。
特に陸前高田市・大船渡市・気仙沼市方面の団体及び個人ボランティアの宿泊所に距離的に最適です(約60分)。

薪流村ボランティア宿泊に関する規約(下記参照)を守って下さい。但し古家利用のため水道施設は不備、トイレは旧式です。近く 銭湯・コインランドリー・コンビニエンスストア等がございます。

公の交通機関での災害現地入りは時間的に不可能ですので自家用車に乗り合わせて一関市にお入りいただき同様に災害現地にお向かい下さい。
なおボランティアの実行が可能な便宜・案内(受付等)はさせていただきます。

18歳以上で自己責任にて申し込み頂き、また自己管理の出来る自身のある方のみ受け付けます。未成年者は父兄同伴が原則とさせていただきます。

名  称  薪流村
主  管  臨済宗 薪流会
目  的  陸前高田市・大船渡市・気仙沼市方面の団体及び個人ボランティアの宿泊所に活用
期  日  平成23年5月16日 ~ 閉村は10日前告知
場  所  岩手県一関市大東町摺沢字南長者1-2    
申 込 み 下記リンク先にある規約を読みリンク先のメールフォームより手続きをして下さい。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。