【茨城県に避難されている皆様】茨城県にて実施されている「民間借り上げ住宅」の取扱市町村が増えました(茨城県HP) #save_tohoku #save_ibaraki #save_fukushima #ibaraki #jishin

 

茨城県HPに掲載されていた情報を引用します。
出典:http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kikikanri/kasetu/okikae/okikaeHP.htm

応急仮設住宅の提供について
(既にご自身で民間賃貸住宅の契約を締結されている方へ)

茨城県では,以下のとおり,既に避難者ご自身で締結した民間賃貸住宅の契約を
市町村の契約に置き換えることにより,東日本大震災に係る応急仮設住宅を提供
することといたしますので,お知らせいたします。

1 取扱市町村

 水戸市,日立市,土浦市,古河市,石岡市,結城市,龍ケ崎市,常陸太田市,
 高萩市,北茨城市,笠間市,取手市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,
 那珂市(※),筑西市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,
 つくばみらい市,小美玉市,茨城町,東海村,大子町,美浦村,阿見町,
 五霞町,境町
 (これ以外の市町村でも準備が整い次第取り扱いを開始する予定です。)
 ※現在,那珂市は受付を休止しております。

2 対象者

 (1)住家が全壊,全焼もしくは流失等された方又は,福島県に居住されていた方で,
 原子力発電所の事故に伴い茨城県に避難をされてきた方。
 (2)自らの資力をもってしては,契約の継続が困難である方。

3 要件

 (1)家賃の参考水準は6万円(一住宅への入居人員が5人以上(※)の場合は9万円)
    ※未就学児は0.5人として計算する
 (2)応急仮設住宅として扱うことについて,貸主等関係者の承諾が得られていること。
 (3)詳細については各市町村が定める入居条件などによる。
  ※契約の置き換え前に支払った費用(家賃等)の補てんにつきましては、原子力
  発電所の事故に伴う避難等指示対象者の場合、原子力損害賠償制度による賠償
  の対象となっておりますので,東京電力㈱へ請求願います。
 (お問合せ先 東京電力㈱福島原子力保障相談室0120-926-404)

4 市町村問い合わせ窓口  下記を御覧下さい。
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kikikanri/kasetu/okikae/okikaeHP.htm

※問合せ先 茨城県災害対策本部事務局  上記リンクから御覧下さい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。