福島県から県外への避難状況(2012年7月5日現在)・・・県外避難者は61,548人、避難者最多は山形県12,075人、次いで東京都7,781人、新潟県6,372人&この一年の避難状況の推移まとめ(福島県7月17日発表)

 

福島県は7月17日、県外への避難状況(7月5日現在)を発表しました。
出典:http://www.pref.fukushima.jp/j/kengaihinanuchiwake240717.pdf

調査時点: 平成24年7月5日(木)
復興庁からのデータ提供: 平成24年7月12日(木)

福島県からの県外避難 61,548人
内訳は以下の通りです。
避難所 225人(埼玉県225人)
旅館・ホテル 0人
その他(親族・知人宅等) 11,554人
住宅等(公営、仮設、民間、病院含む) 49,769人

地域別 ※pdfのデータをjpgに変換して掲載しています。
fukushima2012_07_05.jpg

※福島県注:復興庁「震災による避難者の避難場所別人数調査」のうち福島県分を抽出。宮城県の避難者数は、7月5日現在で宮城県から福島県に対して提供のあった全国避難者情報システムの人数を計上。

※前回発表分はこちらです→福島県から県外への避難状況(6月7日現在)
東日本大震災復興対策本部「震災による避難者の避難場所別人数調査」はこちら→避難・転居者は34万4171人(2012年7月5日現在)

——————————————————————————

福島県は同日、県外への避難状況(2011年6月2日~2012年7月5日)を発表しました。
出典:http://www.pref.fukushima.jp/j/kengaihinanuchiwake-suii240717.pdf

pdfのデータをjpgに変換して掲載しています。推移の一覧としてご利用ください。
※横幅が大きいので縮小表示となっています。クリックすると拡大します。
fukushima2011_06-2012_07_05.jpg

※福島県注:東日本大震災復興対策本部「震災による避難者の避難場所別人数調査」のうち福島県分を抽出。宮城県の避難者数は、両県から当県に対して提供のあった全国避難者情報システムの人数を計上。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。