避難者の方のポリオ予防接種について(2012年9月からポリオ予防接種が変わります。避難先で無料接種することができますのでご参照下さい)

 

2012年9月1日から、定期のポリオ予防接種が、生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに変わります。福島県内・県外避難者の方の接種手続は以下の通りです。(他県の方はこれに準じて考えていただいて構いません。)

○福島県内に避難されている方
⇒直接、医療機関へ予約し接種してください。(個別接種となります。医療機関での接種費用はかかりません。)

○福島県外へ避難されている方
⇒避難先市町村の担当課にご相談ください。(避難先市町村で無料で接種することができます。)

2012年9月からのポリオ予防接種について(全国共通)

(1)接種スケジュールは、お子さんの接種歴に応じて違います。
母子健康手帳でこれまで受けたワクチンの種別と回数を確認し、こちらのページの接種パターンを参考にして下さい。
JPGで表示されます
PDFで表示されます

◎ポリオワクチンを1回も受けていない場合・・・不活化ポリオワクチンを合計4回接種することになります。
◎9月1日の不活化ポリオワクチン導入前に、1回目の生ポリオワクチンを接種した場合・・・不活化ポリオワクチンを3回接種することになります。
◎海外等で既に不活化ポリオワクチンを1~3回接種している場合・・・不足分の接種を受けることができます。
◎生ポリオワクチンを既に2回接種している場合・・・不活化ポリオワクチンの接種は不要です。

(2)2012年9月1日からの変更点

◆使用するワクチン→不活化ワクチン
◆接種方法 →皮下接種(皮下に注射)
◆対象年齢 →生後3か月~90か月(7歳6か月)未満(※変更なし)
◆標準の接種年齢 →生後3ヶ月から12ヶ月
・初回接種(3回) 生後3か月~12か月の間に20日~56日の間隔で3回
・追加接種(1回) 初回接種終了後、6か月~18か月の間に1回
※生後90月(7歳6ヶ月)に至るまでの間であれば、過去に生ポリオワクチンを受けていない場合でも、不活化ポリオワクチンの定期接種を受けていただくことが可能です。
◆料金→無料 
※9月1日の導入時点では、4回目の追加接種は定期接種対象外(公費対象外)です。(現在、国内臨床試験を実施中のため、データが整い次第導入予定)
◆接種時期→多くの市町村で、通年接種(個別接種)が可能になります。

(3)4種混合ワクチン(DPT+不活化ポリオワクチン)の定期接種は、2012年11月からの導入に向けて準備が進められています。
すでにDPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)の接種を開始している方は、継続して受けていただき、ポリオについては、原則単独の不活化ポリオワクチンを接種することになります。

出典および参考:
双葉町HP(2012/8/29) ポリオワクチンの定期接種について(不活化ポリオワクチンが導入されます) 
浪江町HP(2012/8/20) 9月からポリオ予防接種が変わります。 
厚生労働省HP どうすればいいの?ポリオワクチン[PDF]
厚生労働省HP 3種混合ワクチンとポリオワクチンの接種を受けましょう。[PDF]
厚生労働省HP ポリオワクチン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。