福島県の帰還困難区域等のみなさまへ~医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2016年2月29日または2015年9月30日まで延長)

 

2020年3月以降の延長について(2020年2月28日午後9時現在)
【速報版/福島県】医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2017年3月以降) をご覧ください。

2019年3月以降の延長について(2019年2月27日午後6時現在)
(最終更新:2019/2/27, 更新:2019/2/9)

福島県の帰還困難区域等の方が、医療機関等にかかった際に支払う窓口負担に関するお知らせです。医療費一部負担金の免除期間が2020年2月29日まで(一部の方は2019年7月31日まで)延長されることになりました。

医療費免除措置についての情報が双葉郡の自治体から公式に出てくるのは、政府予算案の可決・成立の関係で、例年2月7日から2月20日前後になることが多いようです。来年以降のご参考になさってください。

双葉町【双葉町国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入の方】医療費一部負担金等の免除期間が1年間延長(平成32年2月29日まで)されます。免除証明書の発送は、2月20日頃を予定しています。→医療費一部負担金等免除期間について(2019/2/7更新)

浪江町「国民健康保険の医療費一部負担金の免除期間が、平成31年7月31日まで延長されます。新しい免除証明書は2月下旬に発送いたします。」→国民健康保険の医療費一部負担金等の免除延長のお知らせ(2019/2/7更新)

楢葉町「対象となる方には2月末にかけて国保は世帯主宛に、後期高齢は個人宛にそれぞれお送りいたします。有効期間及び対象者は以下の通りです。

有効期間(今回送付分) 平成31年3月1日から平成31年7月31日まで
対象者
・平成23年3月11日に被災地に住民票があった方
・平成23年3月11日に楢葉町にあった世帯に所属している方
・平成30年度の所得が600万円以下の世帯
(所得とは国保の場合は国保の世帯員全員の所得、後期高齢の場合は被保険者の所得を合計した額)」
国民健康保険及び後期高齢者一部負担金免除期間の延長について(2019/2/8更新)

大熊町「医療機関を受診した際の一部負担金免除措置が、平成31年3月1日から1年間(平成32年2月29日まで)延長されます。

新しい免除証明書は避難先の住所へ発送します。(平成31年2月21日(木曜日)郵便局へ引き渡し予定)

発送枚数が多いことや天候不良等により到着まで5~6日かかる場合があります。
避難先住所不明者、転出予定者(転出予定日が2月中となっている方)への発送はしません。」→医療費一部負担金免除の期間が延長されます(2018/2/12更新)

富岡町「2019年3月以降の免除も同様に、所得の判定を行います…免除の対象となる方には、2月下旬に簡易書留にて郵送します…国民健康保険とその他の健康保険等とで二重加入している人は、早めに手続きしてください」→医療費一部負担金免除期間の延長について(2019年2月6日更新)

南相馬市国民健康保険の一部負担金の免除期間について(2019年2月15日更新)

広野町「広野町国民健康保険および福島県後期高齢者医療保険に加入している方へ 平成29年の所得が600万円以下の世帯に、平成31年3月1日から平成31年7月31日までの免除証明書を郵送いたします。」→医療機関などでの窓口負担の免除について 更新日: 2019年2月20日


(以下の記事は2015年3月に執筆したものです。冒頭に追加していた2016年から2018年の追記は長くなりましたので、この記事の最後に入れています。)

福島県の帰還困難区域等の方が、医療機関等にかかった際に支払う窓口負担に関するお知らせです。医療費一部負担金の免除期間が2016年2月29日まで(一部の方は2015年9月30日まで)延長されることになりました。

医療費免除に関しては、昨年(2014年)2月時点で「2015年2月28日まで」と発表されていたことから、以前書いた記事に検索で入ってこられる方が非常に多くなっています。しかし、運用の根拠となっているのは厚生労働省の「事務連絡」(内部連絡)で一般に入手困難な上、厚生労働省ホームページは平成24,25年度の情報で更新が止まっており、2015年2月になっても全体を見渡せる情報がほとんどありませんでした。

そこで2015年2月24日から、自治体ホームページの情報を元に、当サイトの2012年9月および2014年2月の記事に加筆(追記)を行いました。今回は2015年3月当初時点での情報をまとめて記事にしています。避難の長期化・避難区分の細分化が進む中で、被災者の方の医療費免除に関する情報は、国サイドから積極的に情報公開を行っていただきたいと切望しております。

なお、医療費免除措置についての情報が双葉郡の自治体から公式に出てくるのは、政府予算案の可決・成立の関係で、早くても例年2月20日以降になることが多いようです。来年以降のご参考になさってください。

1.国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方
国民健康保険及び後期高齢者医療保険の医療費一部負担金の免除期間が、2015年(平成27年)3月1日以降も延長になります。3月1日以降医療機関を受診される場合は、新しい免除証明書を必ず保険証と一緒に提示してください。

※医療機関で被保険者が支払う、保険診療にかかる法定負担分(3割・1割などの一部負担金)の免除措置です。そのため、保険外診療分は通常どおり自己負担となります。
※福島県及び町の医療費助成の対象となる18歳以下のお子さんについては、助成よりも一部負担金の免除が優先されます。
岩手県の方の医療費免除については、こちらをご参照ください(岩手県ホームページへのリンク)⇒東日本大震災津波で被災された方の医療機関等の受診について

▼対象者と期限
1.東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う帰還困難区域等(※1)の被保険者→2016年(平成28年)2月29日まで
2.旧緊急時避難準備区域等(※2)の被保険者(上位所得層を除く)→2016年2月29日まで
3.旧避難指示解除準備区域等(※3)の被保険者(上位所得層を除く)→2016年2月29日まで
4.旧避難指示解除準備区域等の上位所得層(※4)の被保険者→2015年(平成27年)9月30日まで

・上記1~4とも、震災発生後に他市町村へ転出した方を含みます。
・上記2のうち、「旧緊急時避難準備区域の方は平成27年7月31日まで」とする自治体があります(南相馬市)。また「旧緊急時避難準備区域等に居住していた方のうち、平成26年中の所得が上位所得層に該当する方については、平成27年7月31日まで」とする自治体もあります(いわき市)。各自でご確認をお願いします。
・ご加入の医療保険が独自に免除を行っている場合があります。(※5をご参照ください)

(※1)「帰還困難区域等」とは、①帰還困難区域、②居住制限区域、③避難指示解除準備区域の3つの区域をいいます。

(※2)「旧緊急時避難準備区域等」とは、①旧緊急時避難準備区域、②平成25年度以前に指定が解除された「特定避難勧奨地点(ホットスポット)」の2つの区域等をいいます。

(※3) 「旧避難指示解除準備区域等」とは、①平成26年度に指定が解除された「旧避難指示解除準備区域」(田村市の一部及び川内村の一部)、②平成26年度に指定が解除された「特定避難勧奨地点」(南相馬市の指定箇所)の2つの区域等をいいます。

(※4)「上位所得層」とは、
①健康保険については、健康保険法(大正11年法律第70号)第40条第1項及び船員保険法(昭和14年法律第73号)第16条第1項に規定する標準報酬月額が53万円以上に該当する被保険者
②国民健康保険については、世帯に属する国民健康保険の被保険者について、平成26年の国民健康保険法施行令(昭和33年政令第362号)第29条の3第2項に規定する基準所得額を合算した額が、600万円を超える世帯
③後期高齢者医療制度については、世帯に属する後期高齢者医療の被保険者について、平成25年の高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年政令第318号)第18条第1項第2号に規定する基礎控除後の総所得金額等を合算した額が、600万円を超える世帯をいいます。

なお「上位所得者層」の判定は、前年(平成26年)の所得をもとに7月31日付で行われる予定です。

▼(※5)特記事項
・旧緊急時避難準備区域等の上位所得層の方
・平成27年10月1日以降の旧避難指示解除準備区域等の上位所得層の方
・震災による住宅の全半壊などの要件(※6)に該当する方

被災市町村独自の免除が実施される場合があります。市町村(ご加入の医療保険)へお問い合わせください。(※7)

(※6)(1)災害救助法の適用地域(東京都を除く)や被災者生活再建支援法の適用地域の住民(地震の発生以後、被災地域から他市町村へ転出した方を含む)であり、(2)以下のいずれかに該当する方
① 住家の全半壊、全半焼又はこれに準ずる被災をした方
② 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った方
③ 主たる生計維持者の行方が不明である方
④ 主たる生計維持者が業務を廃止・休止した方
⑤ 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

(※7)・楢葉町「旧緊急時避難準備区域に住所がある方で上位所得層(国保の世帯所得600万円以上)の方については、本年10月以降、国の財政支援の対象外となる予定ですが、町では免除措置を継続する方向です。」
・南相馬市「避難指示等対象地域以外の方及び旧緊急時避難準備区域の上位所得層で免除対象外となった方で、震災により被災された方(震災による住宅の全半壊など)⇒平成28年3月31日まで」

▼2015/3/4時点での情報(自治体ホームページへのリンク)
□浪江町⇒医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2015/2/16更新)
□大熊町⇒大熊町の国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方へ(2015/2/20更新)
□双葉町⇒医療費一部負担金等免除期間の延長について (2015/2/20更新)
□富岡町⇒医療費一部負担金免除期間の延長について(平成27年2月20日更新)
□南相馬市⇒国民健康保険の一部負担金の免除期間が延長になりました(2015/2/19更新)
□楢葉町⇒国民健康保険・後期高齢者医療の一部負担金免除の延長について(2015/2/23更新)
□広野町⇒平成27年3月1日以降も窓口負担の免除が継続されます(2015/2/26更新)
□福島県⇒平成23年東北地方太平洋沖地震で被災された国民健康保険及び後期高齢者医療制度の被保険者の方の受診等について(2015/2/27更新)
□新潟県⇒震災で被災された方の医療機関の受診について(2015/3/1更新)
□いわき市⇒東日本大震災により被災された方の医療費について(2015/3/2更新)

2.社会保険等に加入されている方
ご加入の社会保険によって異なります。社会保険等の医療保険にご加入の方で、引き続き窓口負担が免除される方は、免除証明書の更新が必要となります。ご加入の保険組合にご確認ください。

◆協会けんぽ福島支部の場合⇒平成27年3月1日以降の一部負担金免除措置(2015/2/25更新)

(1)帰還困難区域・居住制限区域・避難指示解除準備区域・特定避難勧奨地点(ホットスポット)に指定されている区域の方 →平成28年2月29日まで延長

(2)旧緊急時避難準備区域の方または、平成25年度以前に指定が解除された特定避難勧奨地点(ホットスポット)の方
→平成28年2月29日まで延長
→ただし上位所得層(標準報酬月額53万円以上の被保険者)の方は平成27年2月28日で免除終了

(3)平成26年4月以降に避難指示解除準備区域の指定が解除された区域の方
→平成28年2月29日まで延長
→ただし上位所得層の方は平成27年9月30日まで

<関連記事>
福島県の避難指示区域等のみなさまへ~医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2015年2月28日または2014年9月30日まで延長)
2012年10月以降の医療費免除について


2016年3月以降の延長について(2016年1月~3月追記)
(更新:2016/3/2、2/24、2/21、2/17、1/16)

最新情報はリンク先ページをご覧下さい医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2017年2月28日または2016年9月30日まで延長)

南相馬市
(1)旧警戒区域の方 平成29年2月28日まで
(2)旧緊急時避難準備区域の方(※) 平成28年7月31日まで
(3)旧特定避難勧奨地点の方(※)平成28年7月31日まで
(4)避難指示等対象地域以外の方及び(2)または(3)の上位所得層で免除対象外となった方で、震災により被災された方(震災による住宅の全半壊など) 平成29年3月31日まで
※上位所得層の世帯(同じ世帯の国保加入者全員の平成26年中の所得合計が600万円を超える世帯)は免除対象外。詳細はこちらをご覧ください→南相馬市「国民健康保険の一部負担金の免除期間が延長になりました」(2016/2/19更新)

広野町「広野町国民健康保険および福島県後期高齢者医療保険に加入している人へ 平成26年の所得で600万円以下の世帯に平成28年3月1日から平成28年7月31日までの免除証明書を郵送しました。」→医療機関などでの窓口負担の免除について(広野町2016/2/22)

浪江町「国民健康保険及び後期高齢者医療保険の医療費一部負担金の免除期間が、1年間(平成29年2月28日まで)延長になります。新しい免除証明書は2月下旬に送付しますので、3月1日以降に医療機関を受診される場合は保険証といっしょに必ず提示してください。・・・国民健康保険の保険証は4月1日更新のため、3月下旬に送付します。 」→医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(浪江町2016/2/18)

双葉町「【双葉町国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入の方】医療費一部負担金等の免除期間が1年間延長(平成29年2月28日まで)される予定です。期間の延長が決定されましたら、新しい免除証明書を送付いたします。なお、免除証明書の発送は、2月下旬を予定しています。」→医療費一部負担金等免除期間について(2016年2月17日更新)

大熊町平成28年3月以降の免除については、期間が1年間延長される予定です。皆さまには期間の延長や免除の詳細が決定次第、新しい免除証明書を発送させていただきますので、もうしばらくお待ちください。免除証明書の発送は2月下旬を予定しています。」→医療費一部負担金免除の延長について(大熊町2016/1/15)

(2016年追記ここまで)


2017年3月以降の延長について(2017年2月~3月追記)
(更新:2017/3/2 0:18、2/24 15:59、2/21 15:28、2/20 14:47)

この件に関しては、2/17夕方に大熊町から公式に「延長」の情報が発表されたのが初めてです。他の情報が集まり次第、当ページとバックナンバーに追記するほか、2017年度の情報ページを作成する予定ですので、その点ご了承下さい。

2017年度の情報ページはこちら(2017/3/1作成)福島県の帰還困難区域等のみなさまへ~医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2018年2月28日または2017年9月30日または7月31日まで延長)

南相馬市国民健康保険の一部負担金の免除期間について(2017年2月24日更新)

浪江町「国民健康保険及び後期高齢者医療保険の医療費一部負担金の免除期間が、平成29年9月30日まで延長されます。新しい免除証明書は2月23日に発送しました」「なお、平成29年10月以降の取扱いについては、決定次第お知らせいたします。」⇒医療費一部負担金の免除期間延長のお知らせ(2017年2月23日更新)

富岡町「国民健康保険被保険者および後期高齢者医療被保険者の医療費に係る一部負担金の免除期間が、平成29年9月30日まで延長されます。」「なお、平成29年10月以降の取扱いについては、決定次第お知らせいたします。」⇒医療費一部負担金免除期間の延長について(平成29年2月22日更新)

双葉町「【双葉町国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入の方】医療費一部負担金等の免除期間が1年間延長(平成30年2月28日まで)されます。免除証明書の発送は、2月下旬を予定しています。」→医療費一部負担金等免除期間について(双葉町2016/2/20更新)

楢葉町「東日本大震災による医療費免除(※上位所得者を除く)の特例措置が延長されました。」「有効期間(今回送付分)平成29年3月1日から平成29年7月31日まで」⇒平成29年3月からの国民健康保険・後期高齢者医療の医療費免除延長について(平成29年2月17日更新)

広野町「広野町国民健康保険および福島県後期高齢者医療保険に加入している人へ 平成27年の所得が600万円以下の世帯に、平成29年3月1日から平成29年7月31日までの免除証明書を郵送いたします。」⇒医療機関などでの窓口負担の免除について(更新日:2017年2月17日)

大熊町「大熊町の国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方・・・平成29年3月1日から1年間(平成30年2月28日まで)期間が延長されることとなりました。」→医療費一部負担金免除の延長が決定しました(大熊町2016/2/17 16:00)

(2017年追記ここまで)


2018年3月以降の延長について(2018年2月追記)
(最終更新:2018/2/28 18:28,更新:2/8 18:18)

2018/2/7に双葉町から公式に「延長」の情報が発表されました。他の市町村(大熊町など)についても、2月中に同様の発表が各自治体ホームページに掲載されると思われます。ています。

双葉町「【双葉町国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入の方】医療費一部負担金等の免除期間が1年間延長(平成31年2月28日まで)されます。免除証明書の発送は、2月20日頃を予定しています。」→医療費一部負担金等免除期間について(2018/2/7更新)

富岡町「免除証明書の発送は2月下旬を予定しております。」→医療費一部負担金免除期間の延長について(平成30年2月7日更新)

大熊町「大熊町の国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方 医療機関を受診した際の一部負担金免除措置について、平成30年3月1日から1年間(平成31年2月28日まで)期間が延長されます。…(平成30年2月20日(火)郵便局へ引渡し予定)」→医療費一部負担金免除の期間が延長されます(2018/2/9更新)

楢葉町「平成30年3月1日以降に関しまして、平成30年度政府予算案の可決・成立が前提となりますが、延長が継続される見込みです。正式に延長が決定した場合は、2月23日頃に楢葉町から対象者へ発送を予定しています。」→平成29年3月からの国民健康保険・後期高齢者医療の医療費免除延長について(2018/2/9更新)

浪江町「国民健康保険の医療費一部負担金の免除期間が、平成30年7月31日まで延長されます。新しい免除証明書は2月下旬に発送いたします。」→国民健康保険の医療費一部負担金等の免除延長のお知らせ(2018/2/9更新)

南相馬市国民健康保険の一部負担金の免除期間について(2018年2月21日更新)

広野町医療機関などでの窓口負担の免除について(更新日:2018年2月21日)

(2018年2月追記ここまで)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。