2015年4月現在でできる被災地支援(末崎の産直わかめ・月光一番海苔・海の子サポーターのご紹介)

 

「一口オーナー制度・被災地支援」のカテゴリーにたくさんのアクセスをいただいています。

ご訪問いただいている皆さま、本当にありがとうございます!

当サイトで震災直後からお付き合いのある、東北の漁業者の皆さまの取り組みを、改めてご紹介させていただきます。

2015年産 末崎の産直わかめ ●お申込受付中!!● – 北浜わかめ組合 虹の会

☆2015年産 末崎の産直わかめ(塩蔵わかめ)お申込受付中!!

岩手県大船渡市末崎町の「北浜わかめ組合 虹の会」の皆さんが、現在期間限定で2015年産わかめの産直をされています。

「今年は海の温度が低く、歯ごたえのよいわかめが育っています。」とのことです!お届けは5月の連休明けからとなりますので、ご了承ください。

■募集期間 2015年2月16日(月)~2015年4月30日(木)
■価  格 一袋400円(一袋200g・税込価格)
※お申込は5袋以上から承ります。
※賞味期限は冷蔵で1年。冷凍保存も可能です。

送料・申込詳細はこちらです→http://niji-wakame.com/?p=684

▼お問い合わせ
北浜わかめ組合 虹の会
〒022-0001 岩手県大船渡市末崎町上山176‐8
電話・FAX 0192−29−3207
http://niji-wakame.com/

最新海苔情報 | 奥松島月浜 月光プロジェクトブログ

☆今シーズンの新海苔「月光秋芽海苔」「月光一番海苔」の発送を開始しました!

一口オーナー制度としてご紹介した、奥松島・月浜地区「月光プロジェクト」(宮城県東松島市)の皆さんによる海苔の直販です。

「月光一番海苔」 は”年末から年明けの海の水温と栄養のバランスが良い時期に生産される二期作目の一番摘み海苔”で、”市場にあまり出ない””希少”な海苔だそうです。

「月光秋芽海苔」 は”シーズンで最初の時期に採れる、厚みがあって噛みごたえのある海苔で、おにぎり、手巻き寿司に”。両方の海苔の詰め合わせもあります。

◎詳細は⇒月光海苔直販情報!からどうぞ。

以前こちらの記事でもご紹介させていただきました。ご訪問いただいている皆さま、本当にありがとうございます!

▼お問い合わせ
奥松島月浜海苔生産グループ月光(代表:山内良裕さま)
〒981-0412 宮城県東松島市宮戸字月浜1丁目2-11
電話番号 090-5239-2367
FAX番号 0225-88-2136
http://gekkoh7.jp/

海の子Net.オンラインショップ

☆【松島湾】海の子サポーター募集

震災直後に「一口支援オーナー制度」としてご紹介した宮城の牡蠣漁師の皆さん(うらと海の子再生プロジェクト)が、第二弾として、一口1万円で『海の子サポーター』を募集しています。

お寄せいただいた資金は「アマモ再生」をはじめとした海の環境改善と、新しく漁業をはじめたいと願う新たな担い手への「漁業着業・育成支援」に使われます。

サポーターになっていただいた皆さまには、一口につき年に2回、季節の『松島湾 旬の恵みセット』をお届けします。(2月以降に申し込んでいただいた皆さまには、初回分のお届けとして6月~7月頃を予定しています。)

募集開始から3ヶ月(2015/1/11)の段階で、既に300名を超える皆さまにご登録頂いたと、事務局からご連絡いただきました。ご訪問いただいている皆さま、本当にありがとうございます!

◎詳細は⇒海の子サポーター募集

◎ネットショップ「海の子 Net」では、松島湾産 天然あさりや 天然アカモクなどを販売されています⇒海の子 Netオンラインショップ

▼お問い合わせ
株式会社 海の子Net.
〒985-0021 宮城県塩竈市尾島町11-21-2
電話番号 022-781-5270
FAX番号 022-781-5271
http://uminoko.net/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。