福島県から県外への避難状況(2019年9月6日現在・県外避難者3万1,287人)―2019年9月30日福島県発表を元に、都道府県別の統計を掲載しています

 

福島県は9月30日、福島県から県外への避難状況(2019年9月6日現在)を発表しました。

福島県から県外への避難状況 31,287人(2019年8月9日現在)

・住宅等(公営、仮設、民間賃貸等) 17,337人
・親族・知人宅等 13,760人
・病院等 190人

※総数は前回(2019年8月9日現在)から87人減少。「住宅等(公営、仮設、民間賃貸等)」は57人減少、「親族・知人宅等」は28人減少、「病院等」は2人減少。

出典:http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/349880.pdf

復興庁「震災による避難者の避難場所別人数調査」(2019年9月6日現在)のうち福島県分を抽出。調査時点:2019年9月6日(金)、復興庁から福島県へのデータ提供:2019年9月27日(金)、福島県発表:2019年9月30日(月)

【同日発表(福島県2019年9月30日)】

県外への避難状況の推移(2011年6月2日~2019年9月6日)[PDF]

【福島県2019年9月5日発表】

福島県内の避難者数(平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報 第1757報)[PDF]

震災統計の発信の経緯とスタンスについて
震災統計の発信の経緯について、2019年6月4日のツイッター投稿をまとめたものです。以前は、自治体の避難統計をご紹介する際に、同じ趣旨のこと...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。